バルトレックスは保険がなくても個人輸入で買える

バルトレックスは性器ヘルペスや帯状疱疹、水疱瘡といった、ヘルペスの治療に用いられる飲み薬です。
主な成分は塩酸バラシクロビルというもので、これによってウイルスのDNAの複製を阻害することで、ウイルスの増殖を食い止めます。
この薬は世界中で承認、使用されているものなので、信頼度も高くなっています。
そして、バルトレックスの服用方法については、症状によって異なっています。
例えば、性器ヘルペスの場合では、1日に1回から2回、1回につき1錠(500mg配合)、帯状疱疹の場合は1日に3回、1回につき2錠(1000mg)ずつ、といった具合になっています。
とにかく症状が発生したら、間を空けずにバルトレックスを服用すれば、ヘルペスを悪化させずに軽い症状から治していくことができます。
そして、一つ気をつけておきたいことは、バルトレックスは処方箋薬のため、基本的には病院で診察を受けて処方箋を貰わないと購入することができない薬、という点です。
しかし、処方箋薬であっても海外からの個人輸入であれば、処方箋が無くても、購入することが法律で認められています。
ですから、保険証が現在無い、といった事情で病院に行けない人がヘルペスにかかってしまった場合は、バルトレックスを海外から個人輸入することによって、自分で治療することも可能です。
また、個人輸入でバルトレックスを購入する場合、比較的安い値段で買えるので、節約というメリットもあります。
ヘルペスは一度かかると再発することも多い病気なので、過去にかかった経験のある人は、再発するとすぐに服用できるように、海外個人輸入でバルトレックスを購入しておいて、常備薬として手元に準備しておくのもいいでしょう。