バルトレックスの効果と副作用について

バルトレックスについて解説をするナース性器ヘルペスや口唇ヘルペス、帯状疱疹といった、ヘルペスウイルスが原因となって引き起こされるさまざまな症状の治療に用いられているのがバルトレックスです。バルトレックスはいわゆる抗ウイルス薬に分類される薬で、発症直後から服用を始めると早期に症状を改善することができます。バルトレックスはウイルスの増殖を抑えるということに最も効果を発揮します。バルトレックスに限らず、現代の医学においてヘルペスウイルスを完全に根絶できる薬は開発されていません。ですからヘルペスの特効薬のように思われがちなバルトレックスですが、できることはあくまでもウイルスの増殖を止め、なおかつ不活性化を図ることだけです。決して死滅させることはできませんので、症状が改善されても体内にヘルペスウイルスは残っています。ですから中途半端な状態で薬の服用を止めてしまった場合は、再びヘルペスの症状が再発する可能性がありますので、たとえ症状の改善が実感できたとしても、医師から処方された日数分の薬はすべて飲むようにすることが大切です。またバルトレックスにも副作用は存在します。主な副作用の例としては頭痛、吐き気、下痢、強い眠気などです。もしこれらの症状が強い場合、頻繁に起こるような場合はバルトレックスの服用を中止して医師に相談するようにしましょう。もっとも比較的安全な薬ですので、過度に心配する必要はありません。なおバルトレックスは医師に処方してもらう薬ですが、最近はインターネット通販でも簡単に購入することができます。自宅でいつでも手に入れられるので非常に便利なサービスですが、粗悪品を売っているような悪質なサイトも存在しますので、くれぐれも信頼できるところから購入するようにしましょう。

バルトレックスはどれくらい使用すれば良い?

どれくらいバルトレックスを使うか悩む男性バルトレックスはバラシクロビルを有効成分にした、第2世代抗ヘルペスウイルス薬です。その名の通り、ヘルペスウイルスに対する病気の治療に用いられ、ウイルスが体内で増殖するのを抑えて症状を改善する働きを持っています。ヘルペスウイルスによる症状は口の周りに水ぶくれなどを作る口唇ヘルペス、性器の周囲に発疹を作る性器ヘルペス、子どものうちに発症する水ぼうそう、大人になってから発症する帯状疱疹などがあり、これらの症状の治療に使用されるのがバルトレックスです。使用方法は症状によって異なり、例えば口唇ヘルペスの場合はバルトレックス500mg1錠を1日2回で5日間、水ぼうそうは子どもの体重に合わせた用量で1日3回で7日間、性器ヘルペスではバルトレックス500mg1錠を1日2回で10日間服用します。ただし、症状や状況によって飲む日数が変わり、早めに使用すればするほど効果が高く、症状がすぐに治まるので、場合によっては短い期間で服用が終了することもあります。どのくらい服用するかは、病院の医師が決定するので、処方されたらその日数分だけしっかりと服用することが重要です。もしも、個人輸入などで購入して常備薬としていた場合、前述の日数を目安に飲むと良いでしょう。ただし、服用から3日ほどするとウイルスが大幅に減少して、発熱や痛みなどが治まりますが、この時点では完治していないので服用を早めに切り上げるのは危険です。あえて長めの期間で使用する分には問題ないので、症状が治まったからといってすぐに飲むのを止めるのではなく、長めに服用することが大切です。また、ヘルペスウイルスは完治しても細胞内に潜伏しているものもいて、再発する可能性が十分にあります。再発するなと感じたら、早めに服用して症状を抑えるように努めましょう。

▼バルトレックスなどの医薬品だけでなく検査キットも通販で購入できます
クラミジア 検査